よくあるご質問 機能・操作系 ‐> オブジェクトストレージ 8

2015.10.14

クォータ設定値を超過してデータ格納ができなかった場合のエラーコードを教えてください

【質問】


オブジェクトストレージ上にクォータ設定値を超過してデータ格納ができなかった場合のエラーコードを教えてください。

【回答】


クォータ設定値を超過してデータ格納が出来なかった場合は、 以下のエラーコードが表示されます。

========================================================
・Error Code    VaultQuotaExceeded
・Description    The specified vault quota has been exceeded.
設定されたクォータを超過しています。Admin Consoleよりクォータ値をご確認ください。
・HTTP Status Code 507 Insufficient Storage
========================================================

詳細は、APIエラーコード一覧をご確認ください。
●参考情報
APIエラーコード一覧

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.09.03

ステータスコード、エラーコードおよびRequest IDの確認方法を教えてください

【質問】


ステータスコード、エラーコードおよびRequest IDの確認方法を教えてください。

【回答】


▼REST APIで実行した場合、APIレスポンスヘッダの中に、下記のようなステータスコードを確認することが出来ます。

例)
405 Method Not Allowed)とRequest ID(例:ad3165ab-f75f-4988-804d-35f039325c04

例)
HTTP/1.1 405 Method Not Allowed Date: Mon, 24 Aug 2015 09:23:30 GMT X-Clv-Request-Id: ad3165ab-f75f-4988-804d-35f039325c04 Accept-Ranges: bytes Server: Cleversafe/3.5.1.0 X-Clv-S3-Version: 2.4 x-amz-request-id: ad3165ab-f75f-4988-804d-35f039325c04 Allow: GET,OPTIONS Content-Type: application/xml Content-Length: 292

▼SDKで実行した場合でも、APIレスポンスヘッダ中にあるコードにて確認することが出来ます。

例)
ステータスコード:403、エラーコード:AccessDenied、Request ID:ea7fd4a5-abc6-4126-817c-ee990ba0b996

例)
2015-08-11 10:38:42.076 [ERROR] com.kddi.オブジェクトストレージ.examples.list.ListKeys:70 exec — Error Occurs: com.amazonaws.services.s3.model.AmazonS3Exception: Access Denied (Service: Amazon S3; Status Code: 403; Error Code: AccessDenied; Request ID: ea7fd4a5-abc6-4126-817c-ee990ba0b996

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.08.26

5GB以上のサイズのファイルを一度にアップロードすることは可能ですか?

【質問】


5GB以上のサイズのファイルを一度にアップロードすることは可能ですか?

 

【回答】


socket timeout値を調整する事で、5GB以上のファイルのアップロードが可能です。
詳細は以下参考情報をご参照ください。

 

●参考情報
開発者ガイド

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.08.26

「s3cmd」を使った操作でエラーが発生する

【質問】


「s3cmd」を使った操作でエラーが返されることがありますが、どうしたらよいでしょうか。

 

【回答】


s3cmdはサポート対象外となります。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.08.25

Admin Consoleから実施したオブジェクトストレージの設定変更内容が反映されない

【質問】


Admin Consoleから実施したオブジェクトストレージの設定変更内容が反映されない。

 

【回答】


Admin Consoleから行ったバケットの作成/設定変更、アクセスキーの作成/削除が 実際に環境に反映されるまで、数分程度かかる場合があります。
時間をおいてから改めてご確認ください。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.08.25

オブジェクト名に“?”を利用可能ですか?

【質問】


オブジェクト名に“?”を利用可能ですか?
AmazonS3で“?”は特殊な処理を必要とする可能性がある文字とされていますが、Cleversafeでも同仕様ですか?

 

【回答】


AWSと同様の仕様です。
“?”文字などの特殊な文字については、AWSと同様に16進数にURLエスケープすることで利用可能になります。(例:?=%3F)

 

●参考情報
オブジェクトキーとメタデータ
※外部へアクセスされます。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.08.03

オブジェクトストレージのAdmin Console画面にログインする方法を教えてください

【質問】


オブジェクトストレージのAdmin Console画面にログインする方法を教えてください。

 

【回答】


KDDI クラウドプラットフォームサービスのAdmin Console画面にログインしてください。
その後、表示される画面の上部サービスメニューから Object Storage を選択してください。 なお、Admin Console画面を利用するためにはオブジェクトストレージへの契約が必要です。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.08.03

バケット作成時に「指定されたバケット名は既に使われています~」とのエラーメッセージが表示される

【質問】


オブジェクトストレージのバケット作成時、「指定されたバケット名は既に使われています。他のお客様の契約も含め、重複できません。」とのエラーメッセージが表示される。
重複しているバケット名はないのに、なぜエラーとなるのでしょうか?

 

【回答】


本機能をご利用いただいているお客様全体でバケット名は一意に設定する必要があるため、他の契約ユーザを含め重複することができません。
既に使用されているバ ケット名で作成を実施すると、「指定されたバケット名は既に使われています。他のお客様の契約も含め、重複できません。」とのエラーメッセージが表示されます。
その際は、お手数ですが他のバケット名にて作成をお願いします。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20