よくあるご質問 機能・操作系 ‐> スナップショット 11

2017.03.31

仮想サーバを削除したが処理が終わらない

【質問】


仮想サーバを削除したが処理が終わらない。

【回答】


VMスナップショットを削除せず仮想サーバを削除すると、
先にVMスナップショットの削除が行われるため、仮想サーバの削除に時間がかかる可能性があります。
なお、VMスナップショットの状態はAdminConsoleより確認可能です。

●参考情報
VMスナップショット【Ver2のみ】

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.30

手動で取得したスナップショットは、定期スナップショットの世代管理に含まれるのか

【質問】


手動で取得したスナップショットは、定期スナップショットの世代管理に含まれるのか。

【回答】


手動で取得したスナップショットは定期スナップショットの世代管理には含まれません。
手動スナップショットと定期スナップショットは別のものとして管理されます。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.02.17

スナップショットの作成中に仮想サーバを起動すると、スナップショットの作成が失敗する

【質問】


スナップショットの作成中に仮想サーバを起動すると、スナップショットの作成が失敗してしまう。

 

【回答】


スナップショットの作成中に仮想サーバの起動を実施すると、スナップショットは作成されません。

スナップショットの作成が完了してから仮想サーバを起動いただきますようお願いいたします。

 

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.02.17

スナップショットを取得時に「internal error executing command~」と表示され、スナップショットが失敗する

【質問】


スナップショットを取得しようとすると以下エラーが発生し、失敗します。
「internal error executing command , please contact your system administrator」

 

【回答】


一つの仮想サーバに割当てられた複数のボリュームに対して、同時にスナップショットを取得しようとした場合はエラーが発生し取得できません。

手動でスナップショットを取得しようとした際にエラーが発生した場合は、

定期スナップショットの設定で、取得時間の重複がないかを確認してください。

また、定期スナップショットに設定の時間前後でのスナップショットの取得操作は行わないようお願いいたします。

 

 

●参考情報

ディスク スナップショット(定期)

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.11.25

スナップショット作成の実行結果を確認する方法を教えてください。

【質問】


スナップショット作成を実行したが、ブラウザのセッションが切れてしまったため、スナップショット作成が成功しているか確認できません。
スナップショット作成が成功したのかを確認する方法を教えてください。

 

【回答】


Admin Consoleの画面から、以下の手順により確認することができます。

●手順
 ① Admin Consoleへログインし、「インスタンス管理」タブをクリック
 ② 左メニューより「インスタンス」をクリック
 ③ スナップショット作成対象の仮想サーバ名をクリック
 ④ 対象の仮想サーバの「詳細」が表示されたら、「表示-ボリューム」をクリック
 ⑤ 「ボリューム」へ移動したら、スナップショット作成対象のボリューム名「ROOT-XXXXX」をクリック
 ⑥ ROOT-XXXXXの「詳細」が表示されたら、「表示-スナップショット」をクリック
 ⑦ 表示結果の確認
  <表示例>
   状態:
    ・BackedUp (グリーン)
      →スナップショット取得完了です。

    ・Creating/BackingUp(グレー)
      →スナップショット取得中です。取得完了後、BackedUp (グリーン)へ遷移します。

    ・Error(レッド)
      →スナップショット取得失敗です。下記をご確認の上、窓口へお問合せ下さい。

       ・保守・運用窓口

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.10.24

Disk I/O高騰時にスナップショットを取得すると取得失敗になる

【質問】


データディスクにて静止点をとり、日次でスナップショットを取得していたが、DBバックアップのような大量のDisk I/Oを伴う処理を同じ時間に実施しているとスナップショットが失敗した。
Disk I/Oの高騰が影響しているのか教えてほしい。

 

【回答】


データディスクの静止点を取った場合でもスナップショット取得中のDisk I/Oが高騰した場合、スナップショットの取得失敗や取得時間の長時間化に繋がることがございます。
スナップショットの取得はDisk I/Oの少ない時間帯で実施頂きますようお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.06.10

仮想サーバ稼働中にディスクのスナップショットを取得した後、2回目以降の同一操作においてスナップショット完了に時間がかかる

【質問】


仮想サーバ稼働中にディスクのスナップショットを取得した後、2回目以降の同一操作においてスナップショット完了に時間がかかります。

 

【回答】


KVMの仮想サーバをご利用のお客様で発生する現象です。
これは不具合ではなくKVMの仕様です。

 

●参考情報
稼働中の仮想サーバにアタッチされたディスクに対してスナップショットを取得すると、対象ディスクに関する静止点などの様々な情報がストレージ上の実体ファイルに付加され、
バックアップディスクに保存するべきスナップショットの実体ファイルサイズが元のディスクサイズの約2倍になります(※)。

(※)ディスクの課金はアタッチしているディスクの容量で課金されるため、この実体ファイルサイズの
肥大によってお客様への請求金額に影響を与える事はございません。

バックアップディスクに対し、スナップショット実体ファイルの保存が完了して「スナップショット取得完了」となるため、2回目以降のスナップショット取得完了までの所要時間は、初回の取得時間と比較して約2倍となります。
なお、同一仮想サーバにアタッチされた複数のディスクに対し同時にスナップショットの取得を行うこと、並びに同一のディスクに対し同時に複数のスナップショット処理を行わせる事が仕様上出来ません。
例えば、前回のスナップショットが取得完了となる前(A)に、次のスナップショットを行う(B)と、Bのスナップショットは取得に失敗します。
この時、Bの分の課金は発生しません。また、スナップショット中のAの処理を中断させてしまう事はありません。

KVMにおける定期スナップショットは、この実体サイズ肥大化、及び取得時の仕様動作をご考慮頂いた上で、失敗が発生しないよう取得間隔及び実行時間を設定頂きますようお願いいたします。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.04.05

定期スナップショットの時刻設定を「0時」にしたいがプルダウンで選べない

【質問】


定期スナップショットの時刻設定を「0時」にしたいがプルダウンで選べません。

 

【回答】


定期スナップショットの設定では、「0時」を選択することはできません。
日本時間0時に設定したい場合は以下対処方法をご確認ください。

 

●対処方法
=============================================
時刻・・・12:00 AM
タイムゾーン・・・Asia/Tokyo[Japan Standard Time]
=============================================

例えば上記の時刻で毎週定期的にスナップショットを取得する設定にする場合、
Day of weekで月曜日を選択すると日曜日の24時(月曜日0時)からスナップショットが開始されます。

 

●参考情報
定期スナップショット

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.01.29

「スナップショット取得中」と表示され、仮想サーバが停止/起動できない

【質問】


「スナップショット取得中」と表示され、仮想サーバが停止/起動できない。

【回答】


スナップショット取得中は、Admin Consoleから仮想サーバの停止/起動は出来ない仕様となっております。
このため、スナップショットが完了した後、仮想サーバの停止/起動を行ってください。

スナップショット取得完了時間の目安は100GBあたり約2時間となります。
なお、スナップショットの概要については、下記マニュアルもご参照ください。
スナップショット取得中にOSハングアップなどの事象が発生し、 仮想サーバの停止/起動操作が必要な場合でも、スナップショット対象のボリュームが破損する可能性があるため、
スナップショットの完了をお待ちください。

 

●参考情報
バックアップ、リストア

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.10.26

同一仮想サーバで複数ボリュームのスナップショットを同時並行で取得したところ、スナップショットが一部失敗する

【質問】


同一仮想サーバで複数ボリュームのスナップショットを同時並行で取得したところ、スナップショットが一部失敗してしまいます。改善策はありますか?

 

【回答】


仮想サーバに紐付くボリュームのスナップショットは排他処理となっているため、 同一の仮想サーバに複数のボリュームをアタッチしている場合に、
最初にスナップショットを取得するボリュームの処理が完了する前に 次のボリュームのスナップショットの取得を行うと失敗します。
また、定期スナップショットで同一の仮想サーバの複数ボリュームに対し、 同一時刻の取得をスケジューリングした際は、
ストレージ内部の処理上 どのボリュームが最初にスナップショットを取得し始めるかはランダムになります。
この場合は複数対象のうち、いずれか1つは成功しますが、その他は全て失敗します。

 

●対処方法
それぞれのスナップショットの開始時間をずらす等の調整をご検討ください。

 

●参考情報
100GBのスナップショット取得時間の目安は3時間となります。
なお、スナップショットの完了時間はディスク容量/使用量に比例して時間を要しますため、 ディスクのご利用状況によりスナップショットの失敗する可能性が御座います。
この場合はスナップショット開始時間の再検討をお願い致します。
バックアップストレージの使用については「バックアップストレージの使用について」をご覧ください。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20