お知らせ 障害情報 2

2016.02.17

【ウィルスチェック】Symantec Endpoint Protectionをご利用のお客様へ(2/17 19:20更新)

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。
 
弊社より提供しておりますアプリケーションオプションの
ウイルスチェック(Symantec Endpoint Protection、以下SEP)において、
02/16 20:30頃より一部の仮想サーバでSEPのプロセスが停止してしまう事象を確認しております。
 
下記確認対象に該当する仮想サーバをご利用のお客様につきましては
念のためSEPのプロセスの稼働状況をご確認ください。
 
■確認対象
KCPS Version1でアプリケーションオプション(ウィルスチェック)をWindows仮想サーバでご利用のお客様
※Linuxサーバについては影響ございません。
 
<対象ゾーン>
東日本サイト:Tokyo01/jp-east02/jp-east03
西日本サイト:Osaka01/jp-west02
 
 
 ▼Windows OSにおけるSEPのプロセス動作確認方法
  1.タスクマネージャーを起動し、プロセスタブ(※)を選択
   ※お客様のOSのバージョン、または設定によっては「すべてのユーザーのプロセスを表示する」を
    選択する必要がございます。
 
  2.イメージ名に「Smc.exe」が表示されている場合は、正常に動作しております。
 
  ◆「Smc.exe」が表示されていない場合、SEPのプロセスが動作しておりません。
   このため、下記の手順を実施して頂く事でSEPのプロセスを稼働させることが出来ます。
 
   1. スタートボタンを押下
   2. 「ファイル名を指定して実行」を選択
   3. smc -stop を入力し「OK」を押下(正常に停止させるために、stopを実施して下さい。)
   4. smc -start を入力し「OK」を押下
 
   上記3及び4のコマンドが受け付けられない場合、下記3’並びに4’のコマンドを実施してください。
   3’.start smc -stop を入力し「OK」を押下(正常に停止させるために、stopを実施して下さい。)
   4’.start smc -start を入力し「OK」を押下

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.02.16

Symantec Endpoint Protectionをご利用のお客様へ

02/16 20:30頃より、KDDIより提供しております仮想サーバ向けSymantec Endpoint Protection (以下、SEP)のサービスが停止している事象を確認しております。

WindowsOSについては事象を確認しておりますが、LinuxOSについては現在確認中となります。

 

誠に申し訳ございませんが、ご利用のお客様におかれましては、SEPサービスの動作状況についてご確認をお願いいたします。

 

▼WindowsOSでのSEPサービス動作確認方法

1.タスクマネージャーを起動し、※プロセスタブを選択
※お客様のOSのバージョン、または設定によっては「すべてのユーザーのプロセスを表示する」を選択する必要がございます。

2.イメージ名に「Smc.exe」が表示されている場合は、動作しております。

 

◆「Smc.exe」が表示されていない場合、下記の手順を実施して頂く事でSEPサービスを再開することが出来ます。

  1.   スタートボタンを押下
  2.  「ファイル名を指定して実行」を選択
  3.  smc -stop を入力し「OK」を押下(正常に停止させるために、stopを実施して下さい。)
  4.  smc -start を入力し「OK」を押下

 

▼LinuxOSにて上述の事象を確認されましたら、お手数ではございますがクラウドオペレーションセンターまでお問い合わせ下さい。

KDDI クラウドオペレーションセンター  (電話番号は開通通知に記載)

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20