ライセンス登録

概要

vThunderのインスタンスごとに固有に割り振られるホストIDをキーとしてライセンス発行します。

  • 作成したvThunderのWeb画面にアクセスし、ホストIDを確認します
  • KDDIから通知される、ライセンス発行用のURLにアクセスしてライセンスを発行します
  • vThunderのWeb画面でライセンスを適用します

ホストIDを確認する

「コンフィグ」→「メンテナンス」→「ライセンス」を開き、ライセンス画面を表示します。

vThunder-License1

ホストIDの部分の「ホストID」の情報をテキストにコピーします。

ライセンスキー情報を入手する

KDDIから発行されたライセンス発行用のURLにWebブラウザでアクセス後、
Email欄:メールアドレス、Appliance UUID欄:ホストIDを入力、Version欄:4.0 or Olderを選択、Activare Applianceボタンをクリックします。
※License Entitlement Tokenの欄は自動的に値が表示されます

vThunder-glm1

ライセンス登録画面

入力したメールアドレスにメールが届きますので、添付されているLicense.txtの情報を確認します。

ライセンスキーを登録する

vThunderのライセンス画面に戻り、インストール部分に先ほど入手したライセンスキーを入力し更新ボタンをクリックします。

vThunder-License3

下図のようにライセンス情報が表示されていれば正常にライセンスが適用されています。

vThunder-License4

シリアル番号の確認

ライセンス投入後、シリアル番号を確認し、控えておいて頂くようお願いいたします。
(ライセンス帯域の変更や解約時にシリアル番号をご提示頂く必要があります)
vThunderのWeb画面のTOP画面(サマリ画面)から確認が可能です。
※「モニタ」→「概要」→「サマリ」をクリックするとTOP画面が表示されます。
vThunder-serial2

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20