• Ver2 のみ

ファイル出力機能

①フォーメーション出力(PDF)

メインメニューから「NW構成図」を選択すると、フォーメーションのPDFファイルを出力できます。
ファイル名は「formation_zonename_yyyymmdd_hhmm.pdf」となります。

formation_export

②標準FW/LBポリシー情報(CSV)

メインメニューから「標準FW/LBのポリシー」を選択すると、標準FW/LBのポリシー情報のCSVファイルを出力できます。CSVファイル仕様は次ページの通りとなります。
ファイル名は「fw_lb_policy_zonename_yyyymmdd_hhmm.csv」となります。

policy

出力内容仕様
No 項目名 区分 内容
1 global ip IPアドレス ご利用のグローバルIPアドレスを表示 27.93.149.10
2 type テキスト fw、nat、snat、lb
fw=ファイアウォールポリシー
nat=NAT設定
snat=静的NAT設定
lb=負荷分散設定
3 fw sucess global ip IPアドレス空間 typeが「fw」のレコードにインターネットから標準FW(KCPS)方向への通信を許可する接続元グローバルIPアドレス空間を表示 0.0.0.0/32
4 fw protocol テキスト typeが「fw」のレコードにインターネットから標準FW(KCPS)方向への通信を許可する通信プロトコル(tcp、udp)を表示 tcp
5 fw port start 整数 typeが「fw」のレコードにインターネットから標準FW(KCPS)方向への通信を許可するTCP/UDPポート番号の範囲(始点)を表示 80
6 fw port end 整数 typeが「fw」のレコードにインターネットから標準FW(KCPS)方向への通信を許可するTCP/UDPポート番号の範囲(終点)を表示 80
7 fw icmp type 整数 typeが「fw」のレコードにインターネットから標準FW(KCPS)方向への通信を許可するICMPタイプを表示 8
8 fw icmp code 整数 typeが「fw」のレコードにインターネットから標準FW(KCPS)方向への通信を許可するICMPコードを表示 0
9 nat vm name テキスト typeが「nat」または「snat」のレコードにNAT設定先の仮想サーバ名を表示 v-test1-M00000003
10 nat vm local ip IPアドレス typeが「nat」のレコードにNAT設定先の仮想サーバのPublicFrontSegmentのIPアドレスを表示 10.1.1.110
11 nat protocol テキスト typeが「nat」のレコードにNAT設定をする通信プロトコル(tcp、udp)を表示 tcp
12 nat transfer source port start 整数 typeが「nat」のレコードにNAT設定をする仮想サーバ側TCP/UDPポート番号の範囲(始点)を表示 1000
13 nat transfer source port end 整数 typeが「nat」のレコードにNAT設定をする仮想サーバ側TCP/UDPポート番号の範囲(終点)を表示 1000
14 nat forwarding port start 整数 typeが「nat」のレコードにNAT設定をする標準FW側TCP/UDPポート番号の範囲(始点)を表示 22
15 nat forwarding port end 整数 typeが「nat」のレコードにNAT設定をする標準FW側TCP/UDPポート番号の範囲(終点)を表示 22
16 lb vm name テキスト typeが「lb」のレコードに負荷分散先の仮想サーバ名を表示 v-test4-M00000003
17 lb transfer source port テキスト typeが「lb」のレコードに負荷分散設定をする仮想サーバ側ポート番号を表示 10080
18 lb forwarding port テキスト typeが「lb」のレコードに負荷分散設定をする標準FW側ポート番号を表示 80
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20