負荷分散

ロードバランサーを設定し、外部からのアクセスを複数の仮想サーバに割り振ります。
仮想サーバにSSLサーバ証明書をインストールし、通信を暗号化している場合はご利用いただけません。

1.Admin Console画面から、「インスタンス管理」をクリックします。

image017

2.インスタンス管理画面が表示されるので、「ネットワーク」①をクリックします。

3.ネットワーク一覧が表示されるので、「PublicFrontSegment」②を選択します。

PublicFrontSegmentは、東日本と西日本で別々に存在します。
選択後、詳細に表示されるゾーン名でどちらのゾーンにあるネットワークかを確認できます。

image018

4. ゲストネットワークの詳細が表示されるので、「ゾーン」①を確認の上、「表示-IPアドレス」②をクリックします。

image003

5. ゲストネットワークのIPアドレス一覧が表示されるので、ポート転送を設定するIPアドレスを選択します。

image019

6. IPアドレスの詳細が表示されるので、「構成」をクリックします。

image005

7. IPアドレスの構成情報が表示されるので、負荷分散の「すべて表示」⑦をクリックします。

image020

8.負荷分散の設定情報が表示されます。値を入力し、構成をクリックします。

image021

選択・入力項目
名称 説明 備考
名前 設定の表示名称を入力します。 必須
プライベートポート 仮想サーバのポート番号を設定します。 必須
パブリックポート 仮想ロードバランサーのポート番号を設定します。 必須
アルゴリズム ラウンドロビン/最小接続/送信元から選択します。 必須

9. セッション維持機能を利用する場合は、Stickness method(セッション維持方法)を選択し、必要な情報を入力して「OK」をクリックします。

image022

入力情報

SourceBased(アクセス元のIPアドレスごとに維持)

lb1

項目 説明 入力文字 入力例
StickyName StickyPolicyを一意に識別する名称となります。 半角入力(20文字以内)
アルファベット大文字/小文字、数字
記号は“-(ハイフン)”のみ
sample-01
テーブルサイズ セッション維持するエントリの最大数となります。 半角入力
1k~1024k
空白を指定した場合、200kとなります
128k
失効 エントリの有効期限となります。 半角入力
1s~3600s
空白を指定した場合、30分を設定します
※「半角数字」+半角「s」を入力します。「s」は秒を示します。
60s
AppCookie(アプリケーションが挿入したクッキーごとに維持)

lb2

項目 説明 入力文字 入力例
StickyName StickyPolicyを一意に識別する名称となります。 半角入力(20文字以内)
アルファベット大文字/小文字、数字
記号は“-(ハイフン)”のみ
sample-02
Cookie名 応答時に”Set-Cookie” ヘッダーに書き込まれクライアントへ通知するcookie名となります。 半角入力(20文字以内)
アルファベット大文字/小文字、数字
記号は“-(ハイフン)”のみ空白を指定した場合、システムで自動で付与します
testname-AppCookie01
モード 「path-parameters」と「query-string」が入力可能です。path-parametersモード:セミコロンで区切られたpath parameterからappsessionを探します。query-stringモード:クエリー文字列からappsessionを探します。 半角入力
「path-parameters」、「query-string」どちらかを入力します
path-parameters
長さ 各cookieの値でチェック、記憶される文字数の最大数となります。 半角入力
1~256
空白を指定した場合、「52」を設定します
100
保持時間 セッション維持cookieが未使用の場合にメモリから削除されるまでの時間です。 半角入力
1s~86400s
空白を指定した場合、3時間を設定します
※「半角数字」+半角「s」を入力します。「s」は秒を示します。
60s
ラーニングの要求 サーバのレスポンスでcookieを指定していない場合、リクエストのcookieを学習します。
チェック無:「request-learn」オプションが設定されません。
チェック有:「request-learn」オプションが設定されます。
チェック 有、無
プレフィックス Cookie名に続く値がAppsession値となります。チェック無:「prefix」オプションが設定されません。チェック有:「prefix」オプションが設定されます。 チェック 有、無
LbCookie(仮想ロードバランサーが挿入したクッキーごとに維持)

lb3

項目 説明 入力文字 入力例
StickyName StickyPolicyを一意に識別する名称となります。 半角入力(20文字以内)
アルファベット大文字/小文字、数字
記号は“-(ハイフン)”のみ
sample-03
Cookie名 応答時に”Set-Cookie” ヘッダーに書き込まれクライアントへ通知するcookie名となります。 半角入力(20文字以内)
アルファベット大文字/小文字、数字
記号は“-(ハイフン)”のみ
空白を指定した場合、システムで自動で付与します
testname-LbCookie01
モード 「insert」もしくは「prefix」が入力可能です。insertモード:サーバ応答時にロードバランサがセッション維持cookieを挿入します。
セッション維持cookieはクライアントのディスクには保存されません。
“間接”オプションを追加しない限り、クライアントに発行されたセッション維持cookieが有効となります。prefixモード:既にセッション維持cookieが存在する場合に、応答時にセッション維持cokieへサーバ識別子を前置します。
半角入力
「insert」、「prefix」
空白を指定した場合、「insert」が設定されます
insert
キャッシュなし クライアントとロードバランサとの間にキャッシュがある場合に使用します。
セッション維持cookieがキャッシュに追加されると全てのユーザは同じセッション維持cookieを共有し、外側のキャッシュからそのホームページを読み込む事になり、1サーバにつながる可能性があります。チェック無:「no cache」オプションが設定されません。チェック有:「no cache」オプションが設定されます。
チェック 有、無
間接 サーバで処理されたリクエストがある場合はセッション維持cookieはクライアントに発行されません。
サーバがcookieを発行した場合はそのcookie自体が削除されます。
“insert”モードではサーバへのリクエストからcookieを削除します。チェック無:「indirect」オプションが設定されません。チェック有:「indirect」オプションが設定されます。
チェック 有、無
ポストのみ POSTリクエスト応答時のみにセッション維持cookieを挿入します。チェック無:「postonly」オプションが設定されません。チェック有:「postonly」オプションが設定されます。 チェック 有、無
ドメイン セッションを維持するドメインを指定する事が出来ます。
ドメイン名が.(ドット)で始まっている場合、そのドメイン名で終わる全てのクライアントが有効範囲となります。1ドメインのみ設定できます。空白を指定した場合はドメイン設定を行いません。
半角入力(3文字以上63文字以内)
アルファベット大文字/小文字、数字
記号は“-(ハイフン)”、“.(ドット)”のみ
kddi.ne.jp

10.設定情報に戻るので、「VMの追加」をクリックします。

image023

11.仮想サーバ一覧が表示されるので、負荷分散を設定する仮想サーバを選択して、「適用」をクリックします。

image015

12.追加した負荷分散設定が表示されます。

image025

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20