ポート転送

ポート転送を設定し、仮想サーバの特定ポートに対する外部からの通信を確立します。
利用するポートが固定、かつ、ポートごとに転送先の仮想サーバが1台の場合、ポート転送が有効です。

1.Admin Console画面から、「インスタンス管理」をクリックします。

image009

2.インスタンス管理画面が表示されるので、「ネットワーク」①をクリックします。

3.ネットワーク一覧が表示されるので、「PublicFrontSegment」②を選択します。
PublicFrontSegmentは、東日本と西日本で別々に存在します。
選択後、詳細に表示されるゾーン名でどちらのゾーンにあるネットワークかを確認できます。

image010

4. ゲストネットワークの詳細が表示されるので、「ゾーン」①を確認の上、「表示-IPアドレス」②をクリックします。
KCPSでは、「送信規制」の機能は提供しておりません。「送信規制」のタブをクリックしても設定できません。

port

5. ゲストネットワークのIPアドレス一覧が表示されるので、ポート転送を設定するIPアドレスを選択します。

image011

6. IPアドレスの詳細が表示されるので、「構成」をクリックします。

image012

7. IPアドレスの構成情報が表示されるので、ポート転送の「すべて表示」をクリックします。

image013

8. ポート転送の設定情報が表示されます。値を入力し、「VMの追加」をクリックします。

image014

選択・入力項目
名称 説明 備考
プライベートポート 仮想サーバのポート番号を設定します。
1つのポートのみの場合は、同じ値をそれぞれに入力します。
パブリックポートと同じ数になるように設定します。
必須
パブリックポート 標準FW/LBのポート番号を設定します。
1つのポートのみの場合は、同じ値をそれぞれに入力します。
プライベートポートと同じ数になるように設定します。
必須
プロトコル TCP/UDPから選択します。 必須

9. 仮想サーバ一覧が表示されるので、ポート転送を設定する仮想サーバを選択して、「適用」をクリックします。
Ver2では、セカンダリIPアドレス付与している場合は、セカンダリIPアドレスの指定も可能です。

Ver.1
image015

Ver.2

vmlist

10. ポート転送の設定情報が表示されます。

image016

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20