バケット作成

  1. オブジェクトストレージコンソールから、バケットを作成します。
    「バケットを作成する」をクリックし、バケット作成ウィンドウを開きます。スクリーンショット_2015-07-27_16_26_30
  2. 以下の値を入力して、「OK」をクリックします。
    スクリーンショット_2015-07-30_19_49_27

バケットは最大5つまで作成可能です。
希望しているバケット名を利用できない場合があります。

番号 名称 説明 備考
1 バケット名
(必須)
本サービスでご利用頂くストレージ領域を特定するための名前です。
全てのバケットは他のユーザ含め、名前の重複が許されず、一意である必要があります。そのため希望しているバケット名をご利用できない場合があります。
バケットに格納された各オブジェクトは下記形式のURLでREST APIによりアクセスされます。
http://xxx.xxx.xxx.xxx/bucket/object

内容
http://xxx.xxx.xxx.xxx エンドポイント
bucket バケット名
object オブジェクト名

形式のURLでREST APIによりアクセスされます。

  • 3~63文字まで設定可能です。
  • 使用可能な文字種は半角英数小文字、「.(ドット)」、「-(ハイフン)」、「_(アンダーバー)」です。
    バケット名に「_(アンダーバー)」を入力できますが、非推奨です。AWS S3 と非互換になるため、クライアントツールによっては利用できない場合があります。
  • 先頭に「.(ドット)」、「-(ハイフン)」は使用できません。
  • 末尾に「.(ドット)」は使用できません。
  • 「.(ドット)」は、2文字以上連続して使用でません。
  • バケット名の変更はできません。
2 クォータ 作成するバケットの使用量の上限です。 0.1テラバイト~999.9テラバイトまで0.1テラバイト単位で設定可能です。
3 詳細はこちら クォータに関するマニュアルページへのリンクです。 クォータ設定・変更

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20