スナップショットからの仮想サーバのコピー

同じ設定のサーバを複数台同時に作る場合、スナップショットおよびテンプレートの機能により、簡単に仮想サーバのコピーを作成することができます。
【スナップショット(手動)の実行前に】

Ver1 Ver2
  • あらかじめコピーを作成する仮想サーバを停止してください。
  • スナップショットからテンプレートを作成する時は、そのスナップショットを取得した仮想サーバ削除しないでください。削除されていた場合、テンプレートからサーバを作る際、正常に作成ができません。
  • ※RHEL6系/CentOS6系のOSの場合、udevでのネットワーク設定管理が有効のため、OS上の「/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules」に保存されているNIC情報を削除してから実施してください。
  • あらかじめコピーを作成する仮想サーバを停止してください。
  • スナップショットからテンプレートを作成する時は、そのスナップショットを取得した仮想サーバ削除しないでください。削除されていた場合、テンプレートからサーバを作る際、正常に作成ができません。

1.仮想サーバ一覧から、コピーを作成する仮想サーバをクリックします。

image231

2.仮想サーバの詳細が表示されるので、「表示-ボリューム」をクリックします。

image232

3.ボリューム一覧画面が表示されるので、テンプレートを作成するルートディスクをクリックします。
追加ディスクは、スナップショットをとり、スナップショットからディスクのコピーを作成します。(項番11以降で操作方法を説明します)

image233

4.ボリューム詳細画面が表示されるので、「テンプレートの作成」をクリックします。

image234

5.テンプレートの以下の値を入力して、「OK」をクリックします。

【Ver1の場合】

ボリュームからのテンプレート作成(Ver1)

選択・入力事項 Ver1
名称 説明 備考
名前 テンプレートの表示名を設定します。 必須
半角20文字以内。
使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”。
説明 テンプレートについての説明文を設定します。 必須
半角20文字以内。
使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”。
OSの種類 OSの種類をプルダウンから選択します。
仮想サーバで利用しているOSを必ず選択してください。(バージョンは一番近いものを選択します。)
ただし、KDDI提供のWindowsOSテンプレートから作成した仮想サーバをご利用の場合、以下の通り設定してください。

① Value・Premium(KVM)
「Windows PV」を選択してください。
② Premium(VMware)
一番近いOSバージョンを選択してください。
例:テンプレートがWindows Server2008SP2(64bit)の場合 → windows Server 2008 R(64bit)を選択
パスワード
管理有効
チェックしない場合、仮想サーバのパスワードが引き継がれます。
チェックを入れた場合、仮想サーバのパスワードは引き継がれません。テンプレートから仮想サーバを作成したのち、パスワードをAdmin Consoleにて設定する必要があります。
下記留意事項参照(※)

 

【Ver2の場合】

ボリュームからのテンプレートの作成

選択・入力事項 Ver2
名称 説明 備考
名前 テンプレートの表示名を設定します。 必須
半角20文字以内。
使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”。
説明 テンプレートについての説明文を設定します。 必須
半角20文字以内。
使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”。
OSの種類 OSの種類をプルダウンから選択します。
仮想サーバで利用しているOSを必ず選択してください。(バージョンは一番近いものを選択します。)
 選択
パスワード
管理有効
チェックしない場合、仮想サーバのパスワードが引き継がれます。
チェックを入れた場合、仮想サーバのパスワードは引き継がれません。テンプレートから仮想サーバを作成したのち、パスワードをAdmin Consoleにて設定する必要があります。
下記留意事項参照(※)
 Dynamically Scalable  チェックしない場合、仮想サーバを起動した状態でのCPU、メモリのサイズ変更はできません。
【32bit OS】サービス変更前に仮想サーバを停止する事でサイズ変更が可能となります。
【64bit OS】仮想サーバ起動中にCPU、メモリのサイズ変更が可能です(以下制約有)

  • メモリは元のメモリの16倍が最大となります。
  • Linuxは1GB~3GB、4~58GBの間でのみ変更可能です。
  • WindowsOSでは、仮想サーバを再起動するまでタスクマネージャーの表示は更新されません。
 選択

※パスワード管理有効機能利用時の留意事項

①KDDI提供の”Windows”テンプレートからマイテンプレートを作成する場合:
パスワード管理スクリプトがインストール済です。
「パスワード管理有効」を「No」にすると、仮想サーバの起動に失敗する事象(※)が発生します。
Linuxテンプレートでは、当該スクリプトはインストール済みですが同事象は発生しません。
(※)仮想サーバから標準FW/LBまたは、DHCPサーバへパスワード要求が数秒間隔で発生します。発生時間は30分間です。

②マイテンプレートを新規にお客様持込みOSで作成する場合(Linux、Windows):Admin Consoleからのパスワードリセットはご利用できません。

 

6.マイテンプレートに、作成したテンプレートが表示されます。マイテンプレートの詳細については、「テンプレート」をご覧ください。

image117

7.ポータルトップ画面に戻り①、インスタンスの追加を選択します。②
Ver2では、サイトバックアップ機能にて、異なるゾーンにテンプレートを作成することができます。

image236

8.インスタンス作成のポップアップ画面が表示されます。先ほど作成したマイテンプレートを選択して、インスタンスを作成します。

image237

9.仮想サーバにディスクを追加していた場合、追加ディスクのコピーを作成します。インスタンス管理画面を押し、コピーする仮想サーバを選択します。

image238

10.仮想サーバの詳細が表示されるので、「表示-ボリューム」をクリックします。

image239

11.コピーを作成する追加ディスクをクリックします。

image240

12.「スナップショットの作成」をクリックします。

image241

13.「はい」をクリックします。

image242

14.ボリューム詳細画面に戻るので、「表示-スナップショット」をクリックします。

image243

15.スナップショットの作成が完了したら、対象のスナップショットをクリックします。

image244

16.「ボリュームの作成」をクリックします。

image245

17.名前を入力し、OKを押します。
※半角20文字以内。使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”。

image246

18.ストレージ一覧に表示された、作成したボリュームを選択します。

image247

19.「ディスクのアタッチ」を選択します。

image248

20.マイテンプレートから作成した仮想サーバにアタッチします。

image249
ご注意:ISOのアタッチ(1回目)が失敗し、以下の表示が出た場合、もう一度アタッチ操作を実施してください

image222

21.続けて、仮想サーバにリモート接続か、コンソール接続をした状態で、仮想サーバにディスクをマウントします。

をご覧ください。

 

なお、下記の操作を行うとSIDの重複が発生します。
(1)標準テンプレートからインスタンス作成
(2)Windows Update実施
(3)スナップショット取得
(4)マイテンプレートを作成
(5)マイテンプレートから、複数インスタンスを起動して利用
※SysPrepを実行することで、SIDの重複を避けることが可能です。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20