Valueサーバ作成

Valueタイプの場合、インスタンス追加により、仮想サーバを作成します。

手順をみる

OSの種別により、利用可能なCPUおよびメモリに上限があります。インスタンス作成前にガイドブックをご確認ください。

KCPSではWindows Serverの「Hyper-Threading(HT)」機能はご利用いただけません。仮想サーバ上で「Hyper-Threading(HT)」の設定をしないようお願いします。

Valueタイプのサーバへは、お客様のWindowsライセンスは持ち込めません。WindowsOSをご利用の場合は、必ず、KDDIが用意するオフィシャルテンプレートを選択してください。

Ver2において、OSをマイISOの機能を用いて、持ち込む場合、「VMwaretoolsのインストール」が必須となります。
1.ポータルのトップ画面から、Valueタイプの、「インスタンス作成」をクリックします。

image105

2.インスタンス作成のポップアップ画面が表示されます。必要事項を入力または選択します。
image131

選択・入力事項 Ver1
名称 説明 備考
利用者名 ログインしている利用者名を表示します。 表示のみ
ゾーン 仮想サーバの作成ゾーンを選択します。
ご利用中のゾーンが表示されます。
Admin Consoleからゾーン追加はできません。書面にて、ゾーン追加の申込みが必要です。
インスタンス名 作成するインスタンスの管理名を入力します。
入力したインスタンス名には、先頭に「v-」が、最後に「-契約番号」が付与されます。
たとえば、abcdefgと入力すると、作成後のインスタンス名は、「v-abcdefg-MXXXXXXXX」となります。
一度、設定したインスタンス名は変更できません。
請求書の明細備考欄には、インスタンス名の先頭v-から始まる22文字までが記載されます。
入力可能な文字数は半角20文字以内。
使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”。
インスタンスタイプ 仮想サーバのタイプを選択します。
Small1~Large2のいずれかを選択します。
ステージングサーバ(KVM)とステージングサーバ(VMware)はPremiumご利用時にのみ選択できます。
(Premiumタイプ1台につき、1つまで作成できます)
ステージングサーバの選択は、2013年9月より本方式になりました。
テンプレート 仮想サーバで利用するテンプレートを選択します。
テンプレートには、KDDIが用意するOSやアプリケーションがインストール済みのオフィシャルテンプレートとユーザが作成するマイテンプレート、マイISOを選択できます。Valueタイプのサーバへは、お客様のWindowsライセンスは持ち込めません。WindowsOSをご利用の場合は、必ず、KDDIが用意するオフィシャルテンプレートを選択してください。
持ち込みOSを利用する場合、事前にマイISOの作成が必要です。マイISOについては、「ISO」をご覧ください。
テンプレート名称にSEPがあるものは、ウィルスチェックOP付となります。
ストレージ容量が100GB未満(OS領域のROOTDISK)のテンプレート選択時もValueの場合は100GBのテンプレートと同じ料金となります。
Ver1において、KDDI提供のRedhatEnterpriseLinuxでウィルスチェック(SymantecEndpointProtection)をご利用の場合は、初回に以下の作業を実施してください。

OSの種別により、利用可能なCPUおよびメモリに上限があります。インスタンス作成前にガイドブックをご確認ください。

追加ディスク 【オフィシャルテンプレート・マイテンプレート利用の場合】
OS起動ドライブ(容量固定)以外にディスクを追加することができます。
システムストレージ(S)またはデータストレージ(D)から選択します。
システムストレージ:OSシステム領域やデータベースなどに最適なストレージ
データストレージ:データファイルの保存に最適なストレージ
追加が必要な容量は、10GB単位で、10GB~2TBの間で設定できます。
※追加ディスクが2TBでは足りない場合、更にディスクを追加することができます。
詳細は「ディスクの追加」をご覧ください。【持ち込みOS(マイISO)利用の場合】
テンプレートでマイISOを選択した場合、OS起動ドライブについてもここで設定します。
1.システムストレージ(S)を選択します。
2.10GB単位で、10GB~2TBの間で設定します。
※OS起動ドライブにデータストレージ(D)を選択すると、100GB以内でも追加ストレージ利用料も発生します。
(注)システムストレージもデータストレージもストレージ画面では、DATADISKとして表示されます。
※OS起動ドライブ以外にディスクを追加する場合、詳細は「ディスクの追加」をご覧ください。
任意
ネットワーク
(デフォルト)
デフォルトネットワークを設定します。
以下のネットワークから、使用するネットワークを選択します。
PublicFrontSegment
(インターネット接続)
IntraFrontSegment
(KDDI Wide Virtual Switch接続、異サイト間の通信に利用可能)
BackSegment
(同一サイトの仮想サーバ間のネットワーク)
DMZSegment
(DMZサーバ)
※お客様のご契約状況により、表示される項目が異なります。
IPアドレス IPアドレスは、入力しなければ、自動的に割り振られます。
IntraFrontSegment/BackSegmentの場合、お申し込み時に指定したアドレス空間の範囲でIPアドレスを設定することもできます。
IntraFrontSegmentのL3SWに割り当てたIPアドレスや他の仮想サーバへ割り当てたIPアドレスは利用できません。
初期状態の標準ファイアウォールは、外部からのすべての通信を遮断するように設定されております。
IP・Portの開放の操作は、 詳細をご覧ください。
設定したIPアドレスのゲストOSからの変更は推奨致しません。
基盤の仕様上、仮想サーバの再起動時にIPアドレスが変更前のアドレスに戻る事象が確認されております。
内部システムで利用しているIPアドレスと重複する可能性がございますので、下記アドレスの持込みは禁止させて頂きます。
※下記IPアドレスを指定しての仮想サーバ作成は禁止させて頂きます。
10.190.0.0/24
10.190.4.0/23
10.191.0.0/25
10.191.1.0/24
10.193.2.0/23
10.194.2.0/23
10.193.18.0/23
ネットワーク
(追加)
(追加2)
デフォルトネットワーク以外にもネットワークが必要な場合に設定します。最大2つまで増設可能です。
デフォルトネットワークと同じく、使用するネットワークを選択します。
任意
IPアドレス
(追加)
(追加2)
上記追加ネットワークで使用するIPアドレスを設定します。 任意
選択・入力事項 Ver2
名称 説明 備考
利用者名 ログインしている利用者名を表示します。 表示のみ
ゾーン 仮想サーバの作成ゾーンを選択します。
ご利用中のゾーンが表示されます。
Admin Consoleからゾーン追加はできません。書面にて、ゾーン追加の申込みが必要です。
インスタンス名 作成するインスタンスの管理名を入力します。
入力したインスタンス名には、先頭に「v-」が、最後に「-契約番号」が付与されます。
たとえば、abcdefgと入力すると、作成後のインスタンス名は、「v-abcdefg-MXXXXXXXX」となります。
一度、設定したインスタンス名は変更できません。
請求書の明細備考欄には、インスタンス名の先頭v-から始まる22文字までが記載されます。
入力可能な文字数は半角20文字以内。
使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”。
インスタンスタイプ 仮想サーバのタイプを選択します。
Small1~Large2のいずれかを選択します。
ステージングサーバはPremiumご利用時にのみ選択できます。
(Premiumタイプ1台につき、1つまで作成できます)
ステージングサーバの選択は、2013年9月より本方式になりました。
テンプレート 仮想サーバで利用するテンプレートを選択します。
テンプレートには、KDDIが用意するOSやアプリケーションがインストール済みのオフィシャルテンプレートとユーザが作成するマイテンプレート、マイISOを選択できます。
Valueタイプのサーバへは、お客様のWindowsライセンスは持ち込めません。WindowsOSをご利用の場合は、必ず、KDDIが用意するオフィシャルテンプレートを選択してください。
持ち込みOSを利用する場合、事前にマイISOの作成が必要です。マイISOについては、「ISO」をご覧ください。
テンプレート名称にSEPがあるものは、ウィルスチェックOP付となります。
ストレージ容量が100GB未満(OS領域のROOTDISK)のテンプレート選択時もValueの場合は100GBのテンプレートと同じ料金となります。
OSの種別により、利用可能なCPUおよびメモリに上限があります。インスタンス作成前にガイドブックをご確認ください。

Ver2において、OSをマイISOの機能を用いて、持ち込む場合、「VMwaretoolsのインストール」が必須となります。

追加ディスク 【オフィシャルテンプレート・マイテンプレート利用の場合】
OS起動ドライブ(容量固定)以外にディスクを追加することができます。
システムストレージ(S)またはデータストレージ(D)から選択します。
システムストレージ:OSシステム領域やデータベースなどに最適なストレージ
データストレージ:データファイルの保存に最適なストレージ
追加が必要な容量は、10GB単位で、10GB~2TBの間で設定できます。
※追加ディスクが2TBでは足りない場合、更にディスクを追加することができます。
詳細は「ディスクの追加」をご覧ください。【持ち込みOS(マイISO)利用の場合】
テンプレートでマイISOを選択した場合、OS起動ドライブについてもここで設定します。
1.システムストレージ(S)を選択します。
2.10GB単位で、10GB~2TBの間で設定します。
※OS起動ドライブにデータストレージ(D)を選択すると、100GB以内でも追加ストレージ利用料も発生します。
(注)システムストレージもデータストレージもストレージ画面では、DATADISKとして表示されます。
Ver2では、ディスクの詳細画面のDisk Offeringでシステムストレージ、データストレージが確認できます。
※OS起動ドライブ以外にディスクを追加する場合、詳細は「ディスクの追加」をご覧ください。
任意
ネットワーク
(デフォルト)
デフォルトネットワークを設定します。
以下のネットワークから、使用するネットワークを選択します。
PublicFrontSegment
(インターネット接続)
IntraFrontSegment
(KDDI Wide Virtual Switch接続、異サイト間の通信に利用可能)
BackSegment
(同一サイトの仮想サーバ間のネットワーク)
DMZSegment
(DMZサーバ)
※お客様のご契約状況により、表示される項目が異なります。
IPアドレス IPアドレスは、入力しなければ、自動的に割り振られます。
IntraFrontSegment/BackSegmentの場合、お申し込み時に指定したアドレス空間の範囲でIPアドレスを設定することもできます。
IntraFrontSegmentのL3SWに割り当てたIPアドレスや他の仮想サーバへ割り当てたIPアドレスは利用できません。
初期状態の標準ファイアウォールは、外部からのすべての通信を遮断するように設定されております。
IP・Portの開放の操作は、 詳細をご覧ください。
設定したIPアドレスのゲストOSからの変更は推奨致しません。
基盤の仕様上、仮想サーバの再起動時にIPアドレスが変更前のアドレスに戻る事象が確認されております。
内部システムで利用しているIPアドレスと重複する可能性がございますので、下記アドレスの持込みは禁止させて頂きます。
※下記IPアドレスを指定しての仮想サーバ作成は禁止させて頂きます。
10.190.0.0/24
10.190.4.0/23
10.191.0.0/25
10.191.1.0/24
10.193.2.0/23
10.194.2.0/23
10.193.18.0/23
ネットワーク
(追加)
(追加2)
デフォルトネットワーク以外にもネットワークが必要な場合に設定します。最大2つまで増設可能です。
デフォルトネットワークと同じく、使用するネットワークを選択します。
任意
IPアドレス
(追加)
(追加2)
上記追加ネットワークで使用するIPアドレスを設定します。 任意

OSの種別により、利用可能なCPUおよびメモリに上限があります。インスタンス作成前にガイドブックをご確認ください。

KCPSではWindows Serverの「Hyper-Threading(HT)」機能はご利用いただけません。仮想サーバ上で「Hyper-Threading(HT)」の設定をしないようお願いします。

Valueタイプのサーバへは、お客様のWindowsライセンスは持ち込めません。WindowsOSをご利用の場合は、必ず、KDDIが用意するオフィシャルテンプレートを選択してください。

Ver2において、OSをマイISOの機能を用いて、持ち込む場合、「VMwaretools」のインストールが必須となります。

Ver1において、KDDI提供のRedhatEnterpriseLinuxでウィルスチェック(SymantecEndpointProtection)をご利用の場合は、初回に以下の作業を実施してください。

Ver2 において、Windows Server 2012/2012R2をご利用の場合は、仮想サーバ作成直後にAdmin Consoleからインスタンスの停止/起動をお願いします。

3.設定必要な値を入力して、「作成ボタン」をクリックします。

4.「OK」をクリックします。

5.「インスタンス作成を受け付けました。」と表示されます。①
作成したインスタンスは「起動中」と表示されます。②
インスタンスの詳細設定をするため、インスタンス管理画面を選択します。③

image133

6.作成した仮想サーバが表示されます。状態が「開始中(Starting)」から「実行中(Running)」に変更されるまで待ちます。
※ホームボタンを押すと最新の状態に更新されます。

image134

7.仮想サーバの開始が成功すると、仮想サーバの状態が「実行中(Running)」となります。

image135

仮想サーバは、デフォルトでは、DHCPにより各NICに対し次表の通りIPアドレスが設定されます。

仮想サーバに設定されるIPアドレス一覧表 【Ver1】
NICを接続するNetwork PublicFrontSegment IntraFrontSegment BackSegment DMZSegment MonitoringNetwork
*1
IPアドレスの設定 DHCP
(毎回同じ値を付与)
DHCP
(毎回同じ値を付与)
DHCP
(毎回同じ値を付与)
DHCP
(毎回同じ値を付与)
DHCP
(毎回同じ値を付与)
(1) IP Address
変更不可) *2
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
(2) Subnet Mask 255.255.255.0
(ポータルから確認可能)
255.255.255.0
(ポータルから確認可能)
申込書のサブネットマスク
(ポータルから確認可能)
255.255.255.0
(ポータルから確認可能)
255.255.255.224
(ポータルから確認可能)
(3) Gateway IP インスタンス作成時、
デフォルトNICに
PublicFrontSegmentを指定した場合
10.1.1.1
インスタンス作成時、
デフォルトNICに
IntraFrontSegmentを
指定した場合
申込書で指定したIntraFrontSegmentのL3SWのVIP
インスタンス作成時、
デフォルトNICに
BackSegmentを
指定した場合
BackSegmentの最初のアドレス
インスタンス作成時、
デフォルトNICに
DMZSegmentを
指定した場合
申込書で指定したDMZSegmentの最後のアドレス
(4) DNS Server 106.187.226.171
※サポート対象外となります。お客様がご利用のDNSサーバのIPアドレスに適宜、変更願います。
(5) Host Name インスタンス名 インスタンス名 インスタンス名 インスタンス名 インスタンス名
(6) Domain Name cs1cloud.internal

*1 Monitoring Networkは OSおよびウィルスパターンのダウンロード、監視オプションご利用時の監視用途に用いるネットワークです
*2 Admin Consoleにて、仮想サーバとIPアドレスのひも付けを管理しているため、DHCPから固定IPに変更する際には、Admin Consoleが仮想サーバに割り当ているIPアドレス以外に変更しないでください

※ WVS経由でお客さまオフィスのサーバやPCからKCPS上の仮想サーバへ通信するためには、仮想サーバに、お客さまオフィスからの通信については、L3SWのVIPへ返信するよう、スタティックルートを設定してください。

仮想サーバに設定されるIPアドレス一覧表 【Ver2】
NICを接続するNetwork PublicFrontSegment IntraFrontSegment BackSegment DMZSegment MonitoringNetwork
*1
IPアドレスの設定 DHCP
(毎回同じ値を付与)
DHCP
(毎回同じ値を付与)
DHCP
(毎回同じ値を付与)
DHCP
(毎回同じ値を付与)
DHCP
(毎回同じ値を付与)
(1) IP Address
変更不可) *2
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
インスタンス作成時に払いされたIPアドレス
(ポータルから確認可能)
(2) Subnet Mask 255.255.255.0
(ポータルから確認可能)
255.255.255.0
(ポータルから確認可能)
申込書のサブネットマスク
(ポータルから確認可能)
255.255.255.0
(ポータルから確認可能)
255.255.255.224
(ポータルから確認可能)
(3) Gateway IP インスタンス作成時、
デフォルトNICに
PublicFrontSegmentを指定した場合
10.1.1.1
インスタンス作成時、
デフォルトNICに
IntraFrontSegmentを
指定した場合
申込書で指定したIntraFrontSegmentのL3SWのVIP
インスタンス作成時、
デフォルトNICに
BackSegmentを
指定した場合
*.*.*.254
※ 2015/09/07 以前は
『*.*.*.1』となります
インスタンス作成時、
デフォルトNICに
DMZSegmentを
指定した場合
申込書で指定したDMZSegmentの最後のアドレス
(4) DNS Server 【Linux】106.187.226.171
【Windows】設備情報が登録されます。KDDI提供のDNSをご利用の場合は、106.187.226.171を設定ください。
※サポート対象外となります。お客様がご利用のDNSサーバのIPアドレスに適宜、変更願います。
(5) Host Name インスタンス名 インスタンス名 インスタンス名 インスタンス名 インスタンス名
(6) Domain Name cs1cloud.internal

*1 Monitoring Networkは OSおよびウィルスパターンのダウンロード、監視オプションご利用時の監視用途に用いるネットワークです
*2 Admin Consoleにて、仮想サーバとIPアドレスのひも付けを管理しているため、DHCPから固定IPに変更する際には、Admin Consoleが仮想サーバに割り当ているIPアドレス以外に変更しないでください

※ WVS経由でお客さまオフィスのサーバやPCからKCPS上の仮想サーバへ通信するためには、仮想サーバに、お客さまオフィスからの通信については、L3SWのVIPへ返信するよう、スタティックルートを設定してください。

Ver2では、KDDI提供のWindowsテンプレートには、DNSにお客様のご利用できない設備情報が登録されます。KDDI提供のDNSをご利用の場合は、106.187.226.171を設定ください。
※ただし、上記DNSはサポート対象外となります。お客様がご利用のDNSサーバのIPアドレスに適宜、変更願います。

IPアドレス以外の各種設定(LinuxのiptablesやWindowsファイアウォールなど)については、ガイドブックをご確認ください。

8.仮想サーバを作成した後、サーバにログインするために必ず初期パスワード発行処理を行う必要があります。

Ver1 Ver2
初期パスワード発行についてはこちら 初期パスワード発行についてはこちら

※インスタンス作成できない場合は、故障窓口までご連絡下さい。
ウィルスチェック(SymantecEndpointProtection)をゲストOS上でアンインストールを実施しても月毎の課金は自動で終了となりません。
課金を止めるためにはウイルスチェック無しのOSテンプレートでサーバを再作成する必要があります。
windowsOSにてデフォルトNICのIPを固定IPに設定した場合、パスワード発行操作が無効となりますので本操作を行う場合は、IPをDHCP払出しとする必要が御座います。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20