リモート接続

仮想サーバにSSH接続やリモートデスクトップ接続が利用可能であることを確認します。
インターネットから接続する場合は、標準FWまたは拡張FWにて22番ポート(SSH接続)、3389番ポート(リモートデスクトップ)を解放する必要があります。

  • 標準FWのIP・Port開放およびPort転送手順はこちらをご参照ください
  • 拡張FWのIP・Port開放手順はこちらをご参照ください

仮想サーバに通信可能となったのち、リモート接続し、お客さまシステムを構築してください。

SSH接続(Linux系OSの場合)

1 SSHクライアントソフトを起動し、「ホスト」に、SSH接続する仮想サーバのプライベートIPアドレスまたはPublicFrontSegmentのグローバルIP を入力します。以下は「Tera Term」を使ったSSH接続の手順を記載しています。
※ KDDI WideAreaVirtualSwitchからのアクセス時:仮想サーバのプライベートIPアドレス

インターネットからのアクセス時:標準FWまたは拡張FWのグローバルIPアドレス

image169

2 「OK」をクリックします。

image170

3 「このホストをknown hostsリストに追加する」にチェックを入れます。

image171

4 「続行」をクリックします。

image172

5 「ユーザ名」①と「パスフレーズ」②を入力します。
ユーザ名は「root」、パスフレーズは仮想サーバのパスワードを入力してください。オフィシャルテンプレートから作成した仮想サーバについて、パスワードが分からない場合は、ポータルトップページからパスワードを再設定してください。

image173

6 「OK」をクリックします。

image174

7 ログインされました。

image175

リモートデスクトップ接続(Windows系OSの場合)

1 リモートデスクトップ接続プログラムを起動し、「コンピューター」に、リモートデスクトップ接続する仮想サーバのプライベートIPアドレスまたはPublicFrontSegmentのグローバルIP を入力します。
※ KDDI WideAreaVirtualSwitchからのアクセス時:仮想サーバのプライベートIPアドレス

インターネットからのアクセス時:標準FWまたは拡張FW

image176

2 「接続」をクリックします。

image177

3 「ユーザ名」①、「パスワード」②を入力します。
ユーザ名は「administrator」、パスワードは、仮想サーバのパスワードを入力してください。

image178

4 「→(GO)」③をクリックします。

image179

5 ログインされました。

image180

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/06/20 2017/06/20